まじヤバい

今までの29年間もずっとヤバかったけど、たぶん、最近もまじでヤバい。

 

1.職場でヤバい

キャリアプランを聞きたいと言われ社長と直属の上司との三者面談。査定目的じゃないと前置きがあったことと、何よりも自分が将来成し遂げたいことと会社との関連性がイメージできなかったことから、社長らを煙に巻くことを決意。会社への直近の要望は無料貸し出し図書、数年内の要望としては育児休暇の取得(現在、配偶者や婚約者どころか彼氏もいない)。

 

2.自分がヤバい

ジャンル問わず、とにかく興味を持った作品を観まくることを決意。飲みの席でたまたま話した年下青年と映画の話になり、最近感銘を受けた映画のテーマであるスカトロに関して熱弁。嗜好はないものの、わたしは食べる人生か食べない人生なら、食べる人生を選びたいと宣言。

 

3.気になってる人がヤバい

昔働いていたバーに寄り道した際に、隣の席にいた人間。始終ニコニコしていて、八方美人かよ気に入らねぇと思っていたところ、とんでもないモンスターだと判明。

物理、映画制作、CG技術と変遷を経ながら、自分が本当に情熱を持てる表現を模索していたところ、爆発・崩壊の美学に着地。これまでの知識を駆使し、最高の爆発・崩壊シーンのために日夜、物理の計算とプログラミングに向き合っている。世の中の素晴らしいもの・素晴らしくないものはすべて、彼にとっては爆発の破片に過ぎない。

 

まじヤバい。世の中は素晴らしい。