読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活生必見!マジで実践されたヤバい就職活動トップ3

新社会人が希望と不安を胸に過ごす新年度が始まって1週間以上が過ぎましたね。社会にはやはり想像以上の絶望や希望が転がっているものです。酸いも甘いも無理やり押し込んでくるのが社会ですが、入社という切符を掴まない限りはその味も味わえません。


今回は、社会微適合者の私によってマジで実践されてきたヤバい就職活動についてまとめてみました。社会人を目指して頑張る学生はぜひ参考にしてみてください!


第3位.目立つが勝ち!履歴書送付で勝手にエントリー


型に決まった方法ばかりで就活している人におすすめしたいこの方法。ベンチャー系や、営業力必須タフ系企業へのエントリーにおすすめです。


今はたいていの会社がネット応募を窓口にしています。ネット応募のみ、という会社にこそ、あえてネット以外の方法、手紙で応募してみましょう。


郵送するのは、送付書と履歴書です。履歴書は普通に記入し、送付書のほうにありったけのやる気をぶち記して送り付けてやりましょう。


本人のやる気とマンパワーを何よりも重んじるベンチャー系や、営業力必須タフ系企業がそんな強引なやり方をする人間を無視するはずがありません。1週間以内に、面接を取り付けるための電話が来ることでしょう。


逆に、連絡をして来ないような会社はにわかです。こちらから願い下げてやりましょう。


私はこの方法で2週間で入社が決まり、営業職としてバリバリキャリアを作りながら8ヶ月で辞職、3ヶ月引きこもりになりました。新卒で入る会社はマジで慎重に選びましょう。

 

第2位.想いよ届け!半紙に決意


半紙に自分の最も好きな言葉と、電話番号を書き記して、会社に郵送します。これは自分の熱意と人柄を最もシンプルな形で伝える極限の方法です。間違っても履歴書を同封するなどというダサいことをしてはいけません。


どんな会社にこの方法が最適か?それはフィーリングの問題です。この会社とはフィーリングが合うみたい!そう感じた会社に送り付けてみましょう。


私はこの方法を実践した時「覚悟」という二文字を選びました。半紙の左隅にフルネームと携帯の番号を記し、右下の隅にはカブトムシのシルエットを書きました。その会社の社長がカブトムシ好きだという情報があったからです。


この会社からは何も連絡がありませんでした。フィーリングが合わなかったのです。ハートの強い猛者は、電話で「半紙の文字は読んでもらえましたか?」などと追撃してみても良いでしょう。


第1位.ビル崩壊レベルのインパクト!自身の自慰歴史を送る


社会人の自己開示でも最たる飛び道具、下ネタです。会社と下ネタはまさに水と油、ウナギと梅干し、相性最悪の組み合わせです。誰も手を出せません。それを逆手に取ることで、出た杭になれるのです!


私はこの方法を日本一有名な自慰グッズ会社のエントリーで実践し、面接まで漕ぎ着けました。熱意を示すべく、履歴書にも「服を脱ぐ以外は何でもします!」と書き、面接に挑みましたが、普通に落とされました。面接以降のトークと履歴書は、真面目にやらないと人間性を疑われて落ちます。やはり、就職活動で下ネタは辞めておきましょう。


いかがでしたか?
熱意と情熱があれば、壁は意外と突破できます。しかし、壁を突破した後も熱意と情熱だけではなんともならないのが社会の厳しさでもあります。正攻法では突破できない部分は変化球で突破し、その後にこそきちんとしたテクニックやスキルで評価してもらえるような真っ当な生き方をしましょう。というか、王道がやはり一番平和で安全です。飛び道具を使わないで済む生き方を目指しましょう。