必死で何が悪い

確か、相手は女子大生だった。

いわゆるモテそうな格好の、大きな苦労を知らなそうな。

 

一方の私は、少し年上だったと思う。

 

留年しながら命からがら卒業して、社会人になって、心身ともに干からびて退職して。引きこもり同然になった私を見かね、友人がちょっとした用事を設定してくれることがあった。

 

たとえば、自主製作映画のエキストラやチラシ配りだった。

 

私には彼らのように湧き出る情熱や意地がなく、義理もない。白々しい思いすら持っていた。だが、自分の中に僅かに残った燃えかすを弄るように、彼らに関わった。

 

何でも、やる時は一生懸命に。そう心がけている。

 

自分に分担された映画のチラシが、自分の気持ち次第で相手にプラスに届くと良い。そう願った。

 

100枚ほどか、もっと少なかったかもしれない。新宿の街でチラシを配った。そして、件の女子大生に遭遇した。

 

必死じゃん。

 

女子大生は友人との雑談交じりに、悪びれなく私達を指差し、率直な感想を残して去った。

 

ヒッシジャン。

 

茶店で知らない誰かに、コップの水を突然浴びせられるような、唐突な驚きがあった。しかし…

 

必死で何が悪いんだ、バーカ

 

と沸々と思った。体を掻き毟るような憤りはなかったが、彼女の指先を折り曲げてやり、自分自身を指してみろよ、と迫りたかった。

 

必死な誰かを余裕ヅラして指差すほどに退屈な自分の人生を恥じてみろよ、と。