読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモンGO

先輩2人とともに客先に訪問した帰り道、会社方面に向かうバスの座席に腰をかけるとすぐ、2人はiPhoneの操作を始めた。

仕事のメールチェックかと思い押し黙ると、やがて2人はポケモンGOについて会話を始めた。iPhoneを確認し続ける理由はゲームだった。

確かに今日の客先で、ラプラスを捕まえにお台場に行ったと担当者が口にした際、僕も捕まえに行きましたと食い気味に話していたけれど。

 

ポケモンGOへの情熱をすっかり無くした私は先輩2人の現在のレベルを聞き、少なくても10レベルは差が開いていることを自己申告しつつ、継続できるモチベーションについて聞いた。

 

2人とも、完全なるコレクター魂で続けているらしい。先輩の1人がポケモン図鑑を見せてくれた。図鑑の前半、載っていないポケモンは皆無だった。

後半になるとポツポツと図鑑に穴が見られた。その中に1つだけあった、黒い影のみが表示されている箇所について質問すると、捕まえ損ねたポケモンは図鑑にそのシルエットの影だけが表示されるとのこと。

ラプラスだった。お台場まで行ったものの、捕まえられなかったらしい。他人の動きを頼りに、できる限りの場所を回ったが、捕り逃したのだとか。

先週末、久々に雨があがって快晴の中、iPhone片手にお台場まで赴き、何も捕まえられなかった38歳男性の姿が浮かぶ。

 

ラプラスの話をしながら先輩はときどきスマホの画面に視線を落とし、指をくねらせた。画面の中の先輩はイーブイを捕まえようとしていた。

 

イーブイは、捕まえるときに最も心ときめくポケモンのひとつだ。まあるい瞳、ふっくらとしたボディ。やわらかなジャンプ。そよぐ毛並み。威嚇したときの目つき。すべてが愛くるしい。絶対に逃したくないポケモンだ。

 

先輩は週末にお台場で逃したラプラスの話をしながら、片手間でイーブイを捕まえようとしていた。モンスターボールを投げる前にボールを回転させると捕まえやすくなる、という小技も慣れたもの。その手つきは事務的だった。

 

「先輩にとって、イーブイを捕まえることは作業ですか。」

 

思わず聞いてしまう。

 

「まあね。」

 

先輩は当然とばかりに答えた。もう1人の先輩は私の目も見ずに「そうそう」と後押しした。

 

「なんでですか?イーブイ、こんなに可愛いのに。捕まえたら嬉しくないですか。」

 

私は食いさがる。

 

「俺ら、そういうふうに見てないから。」

「ぶっちゃけ、『アメ』としか思ってないし。」

「ただの1匹。」

「経験値上がるし。」

「名前とかもどうでもいい。」

「ネズミが出たとか、カニが出たとか、そんな感じ。」

 

私は言葉を失った。確かに、コラッタもクラブもありがたいと思ったことはない。むしろ、クラブなどは気持ち悪いとすら思っていた。それにしても、名前くらいは認識している。

 

先輩の1人が、ポケモン図鑑ピカチュウを見せる。後ろ姿のピカチュウが、鍵シッポを揺らしながら雷を落とした。その猛々しい様子と似合わない後ろ姿が、なんとも愛くるしい。

 

ピカチュウの姿を見て、カワイイとか? ないわ〜。」

 

かつてポケモンを始めたばかりの頃、最初に出現するゼニガメフシギダネヒトカゲを3回無視するとピカチュウが出てくると得意そうに教えてくれた先輩。あのときのピュアな気持ちはどこに行ってしまったのか。

 

経験値が上がる

アメとしか思っていない

名前とかもどうでもいい

 

かつてポケモンマスターを目指したこともあった私は、わからなくもないと頭の半分で理解しながらも、

この男どもは絶対に許せないと、もう半分の女の感情が思う