読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上司の天然がひどい

年末に異動してきた、新しい上司がなかなかやばい。左隣のデスクである。向こうから話しかけきたので返事をすると、パソコンを見ながら無視されたりする。


は?と思いながらこちらもスルーを決行すると5秒後に返事があったりするので、今度は完全に無視することにしている。


自分は刹那主義だ、といった主旨の発言を口にしていた。一所懸命であることを良しとする人物なのだとその際には結論したが、最近になってどうやら違うことに気付いた。昨晩の夕飯も覚えていられないらしい。記憶力が乏しいことを格好つけて表現しているのだ。


何より、聞き間違いがひどい。


仕事関連の会話を相手が持ちかけてきたので返事をすると、パソコンを見ながら無視され、数秒後に


「え?カエルを食べて良いですかって?」


などと聞き返されたりする。言わねーよ。普段でも言わねーし仕事中には絶対言わねーわ。わかるだろ普通。口に出そうになる罵声を飲み込みながら、


「仕事中にそんなこと言わないですよ。周囲に誤解されるのでやめてもらえますか?」


と釘を刺すと、


「いやいや。こっちもそんな発言を急にされてびっくりするから聞き返してるんだよ。」などとのたまう。


これが1日一回ある。マジで。


立派なイクメンぶっているが、競馬愛が衰えない。独身時代、年に一回の楽しみは、自分の誕生日にVIP席を予約して競馬を見ることだったらしい。その日は楽しみでよく眠れず、いてもたっても居られずに朝5時から開場を待っていたとか。


そのエピソードを聞かされたとき、私は誠意を込めて伝えた。
「〇〇さん(上司の名前)、そういう痛いところありますよね。…良い意味で。」


痛いところありますよ、のところで上司がカチンときてそうな表情をしたため、急いで「良い意味で」というフォローを付け加えたにも関わらず、上司の機嫌が微妙になった。これだから、天然な人間はわからない。