近所の串揚げ屋の話

10月中旬のとある金曜日、住宅地に混じってポツポツと赤提灯が灯る寂れた商店街を帰っていると、串揚げ屋ができていた。

 

怪しい建物の2階にあるらしい、「なかよし食堂」といった類の不穏な店名。

 

原稿作成ソフト・一太郎を使ったかのように手作り感溢れるチラシには、楽しそうに踊る動物のイラストに混ざって「串揚げ屋オール100円」の文字。

 

うっかり釣られて階段を登ると、禿げ隠しのために被っていそうな帽子のマスターと、人懐っこく笑う陽気な年配男性がカウンター越しに会話をしていた。というよりも、年配男性だけがやたらと楽しそうにマスターに話しかけていた。

 

奥のテーブルに腰をかけてメニューからビールを選ぶと、暇だからという理由で、特別にビールを提供してくれた。

 

マスターが1人でお店を回すので、飲み物は基本的にキャッシュオンかつセルフサービスらしい。

 

ビールで一息つくと、居抜きの新店が“いかに前の店舗のままで開店されたのか”がよくわかった。縦長な間取りの店内中央には数人ほど座れるカウンターテーブルがあり、逆側の壁を這うようにソファが備え付けられている。元のお店はスナックだったようだ。そのため、串揚げ屋にしては、テーブルが低すぎ、ソファは沈み過ぎ、おまけに床は一面紅色のカーペットだった。

 

内装にまったく感心がないに違いない。それはそれで面白いなあとは思うものの、どこか居心地の悪さも感じていると、原因は音響設備が皆無だったことに気付いた。

 

陽気な年配男性が楽しそうに話さない限り、ほぼ無音。

 

完成に向かう串揚げがクツクツと静かに鳴っている。

 

しかし、それが不思議と嫌でもない。そして、陽気な年配男性に話しかけられるマスターの返事が、とにかく短い。はい、とか、そうですか、程度で、愛想笑いすらしない。話す気がないか、興味がないかのどちらかと心配に思えるほど返事は短いが、不思議と突き放す意図も感じない。ただただ、気の利いたコミュニケーションを行う術を身につけていないようだった。仕事がないからこの店を始めたとマスターがこぼした言葉がやけにリアルだった。

 

よく見ると、カウンター横には、異様にデカイ、新品のテレビが置かれていた。これがいつか使われるようになるなら、無音な店内は回避できるだろうが、今度は異様にデカイテレビが浮くのではないだろうか。

 

店内が無音であることも、マスターの気の無い返事も、全く意に介さない陽気な年配男性は、近所の居酒屋からの回し者であったことを陽気に宣言しながら会計を済ませていた。

 

マスターは、年配男性の正体を聞かされても、特に気に留めていないようだった。何一つテンションが変わらない接客だった。

 

贈り物のテレビには、マスターが仲間内で呼ばれているらしい、南国をイメージさせるような単語が宛名に使用されていた。このマスターは仲間内では陽気なキャラクターなのかもしれない、とそのときに読み取れたのは、その程度だった。

 

まさかその後に、マスターが既婚者であることが判明したり、店名を使ったTwitterアカウントで政治への憤怒や推し政治家の呟きをリツイートしてばかりで店の営業情報を全く呟いていなかったり、推し政治家の選挙時期にはお店を閉店していたりと、仕事がないから串揚げ屋をオープンしたと言ったわりにはまったく仕事をしていないのだった。

収納問題も即解決!同棲する彼氏に家具を買わせたい人が送るべきリリック

彼氏との同棲が決まって、ワクワク☆ドキドキ~!だけど、そんなハッピーな気持ちをブルーにさせるのが収納問題・・・。女の子がどれくらい収納問題に頭を悩ませるか、男の人にはなかなか伝わらないものですよね。


そんな人は、彼氏にこのリリックを送ってみましょう!びっくりワクワクどんどん!意外な展開になっちゃうかも~!?

 

--------------------

すでに貧乏
それでも交渉

足りない収納
マジで重宝

かなり譲歩
しても最高

これで生活
したら最高峰

最高峰 say ho!
最高峰 say ho!
最高峰 say ho!

(↓買ってほしい家具のURL)
http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/70365794/

--------------------

 

<リリック利用者の声>

・新しい物件にはほとんど収納ゼロ。藁にもすがる思いでこのリリックを彼氏に送りました。「おまえけっこうrhymeうまい」とすぐに返事が来て、惚れ直されてしまいました。結婚も決まりそうです。(30歳・女性・IT企業)

つまらない仕事や上司の小言に耐えられる人間になる方法

つまらない仕事や上司の小言をスルーできる方法を発見しました。

 

それは、野生のウミガメと一緒に泳ぐこと。

 

実は、今年の夏期休暇にバカンスで行った、日本のある島のビーチでシュノーケリングをしていたところ、野生のウミガメに遭遇しました。しかも、4匹。

 

いずれも人に慣れているのか、チラリと横目で流す程度で、逃げも隠れもしません。

 

そういうわけで、好きなだけ野生のウミガメを眺めていました。間近で見るウミガメは想像以上にデカくて、こわい。

 

しかし、その性格がある程度掴めてくると怖さは和らぎ、愛しく思えてきました。

 

さて、ここはコンクリート・ジャングル・東京。つまらない仕事、つまらない小言を上司から受ける私です。

 

そんなときに、悠々自適と海を泳ぐウミガメの姿が浮かぶのです。

 

ウミガメを育む、そんなこと以上に価値のある仕事が、この地球に存在するだろうか?

 

ウミガメが息継ぎする音を聞いたこともない、そんな上司が口にする言葉など、戯言に過ぎない。

 

ウミガメが海藻を食した直後に、両腕で胸を叩くことすらも知らぬ、愚か者なのだから。

 

あの日、あの瞬間以来、私は変わったのです――ウミガメと一緒に海で泳いだことがある人間に。

 

あれ以来、つまらない仕事や、上司からの小言に耐えられるようになりました。

 

胸をトントンと叩きながら、窓際の定位置に戻り、まるでウミガメのように、静かにインターネットの底を漂うのです。

2017/9/6(水) OLのある一日

                   7:30  起床
  7:40  ~  8:00 ウォーキング
  8:00  ~  8:15 朝ドラを観ながら朝食
  9:00  ~  9:30 電車移動(便意)

                 10:00 出社
10:00 ~ 10:10 排便1
             ~ 11:30 メール、原稿作成など
11:30 ~ 11:40 排便2
             ~ 13:30 原稿作成

13:30 ~ 14:10 昼食
14:10 ~ 14:20 歯磨き(排便3)
     ~ 15:30 原稿編集
15:30 ~ 15:40 排便4
     ~ 17:10 企画調整
17:10 ~ 17:20 排便5
                 18:20 便意のみ
             ~ 20:40 原稿納品
                 20:43 退社

上司の天然がひどい②

以前、天然ボケが過ぎる上司について書いた。

 

tachun.hatenablog.jp

 

彼は転職活動をおこないつつ、未だに私のチームの上司だ。そう、彼は転職活動中なのだ。彼が私たちの会社に入社し、私が彼のチームに配属されてすぐ、この会社は好きじゃないので転職活動中であることを打ち明けてきた。

 

私は「マジか?」と思った。その後も、転職活動の面談結果などを随時報告してきた。マジか?と私はそのときも思った。そして、「信用できねーなコイツ」と自然と感じるようになった。もちろん、フラットな人間性や裏表のない点を尊敬できると言えなくもないのだが、やはり、いつ転職していくかもわからない人間に心を開くのは不用心だと感じる。

 

自分が転職活動中だからか、私にもやたらと転職を勧めてくる。巧妙なリストラなのではないかが疑わしい。一時期は、将来の夢やキャリアプラン、やってみたいことなどをやたらとチャットで質問されたことがあった。キャリアプランといった大それたことを考えるタイプではないものの、無下にもできないと思い、「広報業務に興味がある」と答えてみたところ、私の現在のキャリアでは広報になるのがいかに難しいかを熱く説明してきた。「マジうるせえな」と思った。

 

しかし、上司を信用できないとも言ってられない共通点も発見した。私と上司には「昔、口にピアスを開けていた」という意外な共通点があったのだ。彼はかつて、美容師見習いだった頃、唇と顎の間、中央あたりにピアスをしてたらしい。高校3年生から大学生の就活が始まる頃まで、下唇の右口角付近に小さなピアスを開けていた私としては、「少しは話せそうなヤツだ」という気持ちになった。

 

それでも、唐突に「ホストが働いてるクラブってなんだっけ?」と困った様子で尋ねてくる姿を見ると、信用できる上司とは到底言えない。

父について

先日、父の命日だった。今年で7年になる。

 

日本の南端にある小さな島の小さな村で産声をあげた父は、聞いた話によれば、かなり活動家だったらしい。


婿養子を貰うほど男の少ない家系の初産かつ長男ということで、親戚一同に大層喜ばれたそうだ。周囲の溺愛を受け、元々の快活さは誰かに押さえつけられる隙もなく伸び伸びと成長を遂げた。


隣村からの来客者に入場料としてお菓子を要求したり、相手の年齢や体格問わずに気に入らない相手には飛びかかったりと、母親であるおばあちゃんの元には、息子に関する何かしらの苦情や相談がいつも寄せられた。


相撲が強かった、喧嘩っぱやかったなどのエピソードには事欠かない。

 

しかし、それらは父の好奇心や悪戯心、正義感や負けん気の強さと言った性格に根差しており、弱い者イジメや嫌がらせと言った卑屈な行為はなかったと、幼少期から青年期までを知る人々から聞かされる。


流行に敏感で、ハイカラな一面もあった。エルヴィス・プレスリーといった1970年代のアメリカン・ミュージックが日本中で流行した頃、父は日本本土から管楽器を取り寄せ、島で初のブラスバンドを結成したそうだ。それらの様子はアルバムのモノクロ写真で確認したことがある。


娯楽の乏しい時代に響いた管楽器はさぞ魅惑的だったに違いない。おばあちゃんの話によれば、父が本土を離れるときには、泣きながら見送る女性グループが数組はいたとか。

長男が高校を卒業したことを機に本土へ移住した一家は、父を長男として子供5人、夫婦2人、祖母が1人と大所帯であった。

父は一家の稼ぎ柱として社会の荒波に揉まれることとなる。時は高度成長期で、日本中に活気がみなぎっていた。自立心が旺盛な父は、自分の父親と弟とともに配管会社を興し、バブル経済に人々が湧く中、順調に売り上げを伸ばしたようだ。1千万の売り上げがあった月もあるとか。

 

他にも、気性の激しさを表すエピソードがいくつかある。とある有名な宗教の信者2人と議論を交わし、父は不快な思いをしたらしい。そのときの悔しさや怒りをエネルギーに、宗教に関する本を数冊読み込んで、後日その2人と再び議論の機会を作った。父の気の済む限り議論し、コテンパンにしてやったらしい。

そういった気性の激しさや、いつまでも根に持って復讐心を燃やし、あくせくと努力するところなどは私にもはしっかりと受け継がれている点だ。

 

さらに、父には好奇心旺盛で収まりのつかないところがあったらしい。会社経営が非常に順調だった父は、私たち家族が住む家とは別の場所にも、人知れず帰る家を作ろうとしていたそうだ。出張が多いことを良いことに、外に女を作っていたらしいと、つい最近になって母に聞いた。恋愛に真面目すぎる生き方をしてきた母には、非常に理解し難しい問題だったはずだ。

 

問題行動を挙げればキリがない人間である。太く短く青春を終えた父の生き様を、残された家族は骨を拾うように慈しむしかない。

母は母で、父が1番格好良かった頃の姿で私の夢に出てきた、だから私は何も間違っていなかったと、極めて個人的な妄想を現実問題と結びつけて結論し、その旨を私達子供にメールで送りつけては、それぞれに気味悪がられ、ますます自分の立場を悪くしている。父の死後も、彼女は平常運転を続けているのだ。母が言う通り、父は浮かばれているのなら良いけれど。

挨拶の順番

ふと考え事をしていると、挨拶の順番だけでいろいろなメッセージが読み取れるなぁと感じました。

 

たとえば、「こんにちは、さようなら、おやすみ」

 

これは、かなり健全な人の過ごし方です。日中をともに過ごし、楽しくお別れし、余韻を味わいながらその日を締めくくっています。明日以降に未来が続いている挨拶のやりとりです。

 


「こんにちは、おやすみ、さようなら」

 

これは、かなり遊び人の挨拶です。日中を楽しく過ごしたのは、一晩をともにする以外に何の目的もありません。起きたらすぐにさようなら。2度目はなさそうです。

 

 

「おやすみ、さようなら、こんにちは」

 

この挨拶は、遊びではないように思わせながら遊ぶという、より悪質な手口を匂わせる挨拶です。都合の良い関係に持ち込もうとする邪心が伺えます。一晩で終わらなかったから、そのうち本命になるかも…などという希望は叶わないかもしれません。ただし、2回目の再会は「こんにちは、さようなら、おやすみ」になれば、相手は体ではなく心に興味を持ってくれた可能性も感じられます。


挨拶の準備だけで読み取れるメッセージはこんなにも違うと気付いた瞬間にとても興奮してしまい、全く仲良くない知人にこの発見をメールしそうになりました。今思えば、送らなくて本当に良かったです。