読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特等席

昨日、朝の通勤電車にて。

無事に座席を確保し、いつものように携帯でネットサーフィンをしながらニヤついていると、隣とその隣に席を並べる見知らぬ男女の小競り合いを目撃した。その男女は目を合わせることもなく、互いに肩や腕をしきりに動かして威嚇し合った。

 

隣に座っていた男がわたしから遠いほうの腕をグイグイと動かす様が目に付き、わたしははじめて不穏な空気に気づいたのだった。

男の動きには自分が抱えている不服を世間に示したいという意思が強く現れており、さらには、自分の不服をわからせるためには手段を選ばないぜ、というような思想も透けていた。

言葉にするのではなく、動きによって、しかも暴力を匂わせることで誰かに行動の自粛を促そうとしていたのだ。

 

マジヤベェなコイツ、とわたしは思った。

 

マジヤベェ奴が隣だと、厄介だ。わたしは携帯を持つ手をそっと膝に移し、男から表情を隠してとりあえず静かに呼吸した。しかし、席を立って離れるにしては時期尚早と判断し、シマウマの視界で彼の動きを観察した。

 

彼のグイグイを数回見ると、事態が把握できてきた。彼はわたしではないほうの隣の女に「俺はいつだって良いんだぜ」感をアピールするために腕を動かしていた。

女は序盤こそ、腰や腿を使ったグイグイ返しで応戦していたが、その男が女相手に腕力を振りかざしそうなタイプであると悟ったのか、今度は男のグイグイが当たった場所を汚いと言わんばかりに手で払っていた。言葉にこそしないだけで、その動きは「あ〜。汚い。あんたみたいな汚い男がぶつかったなんて、腕が腐っちゃう」と口にしているようなものだった。

 

秋晴れの澄み切った空気とあたたかい日差しが差し込む車内で、大人の男女が隣り合っていつまでもそんなやりとりをしていた。どちらも、目も合わせず、言葉も発せず、移動もせず、自分がいかに不愉快に感じているか、相手にアピールすることだけに一所懸命になっている。

 

異様な光景だった。わたしはどうして良いかわからなかった。

 

ゴールの見えない争いが続く中、とうとう男は拳を握り、骨を鳴らし始めた。ポキ、ポキリ、パキ。

相手への威圧を目的とし、腕力アピールのために手の骨の音を鳴らすなんて真似をする者は、わたしはドラえもんジャイアンしか知らない。

 

しかし、男の骨の音を聞いた女には効果があったのかもしれなかった。冷戦のような状態がしばらく続いた後、男は大学名が入った駅で降りていった。まばらな茶髪頭で清潔感が乏しい、年齢不詳だった男が、もしかしたら大学生かもしれないのだ。

 

男の4駅後、わたしは自分の目的とする駅で降車する際に、女と目が合った。20歳±2の若い女だった。流行をそれなりに追っていそうな身なりで、何も知らずに見たら、どこにでもいそうな、ただの可愛いらしい女子だ。すぐ隣に座っている見知らぬ男と、悪意に染まったパントマイムのラリーを繰り広げるタイプにはとても見えない。

女の表情にはまだ、不服の色が見えた。「てめぇもやられてえのか?」荒ぶった感情が女にはまだ残っており、きっかけさえあれば今にも飛び火しそうに揺らめいた。

 

目的駅のホームを踏み、改札を目指して階段をのぼりながら、さきほどまでの異様な出来事を振り返った。

 

 

なんとも不気味な時間だった、とわたしは思った。

 

わたしがもし神だったら、

チェス盤の上に並んだ駒を

片手で無造作になぎ倒すように

きっと人類を滅亡させる。